令和元(2019)年度放射線治療品質管理士講習会

 I.はじめに
 2001年から2004年にかけて、多くの国立・公立・私立病院にて発生した放射線治療における過剰照射や過小照射による医療事故が発生しました。これは需要の増加しつつある放射線治療の潜在的危険性を認識させるとともに、放射線治療の安全管理体制を確立することの重要性を改めて認識させました。
 放射線治療に関連する5つの学会および団体(日本放射線腫瘍学会、日本医学放射線学会、日本医学物理学会、日本放射線技術学会、日本放射線技師会)は、放射線治療の安全管理体制を確立することを目指して、2004年11月に放射線治療品質管理機構を設立し、放射線治療品質管理士の認定を開始しました。放射線治療品質管理士は、放射線治療の品質管理を行う能力と経験を有する者であり、今後、治療現場で品質管理の任にあたる方です。平成16(2004)年度から令和元(2019)現在までに1,775名の放射線治療品質管理士を認定しました。
 引き続き本年度も放射線治療品質管理士の認定を以下の要領で行いますので多数の申請を希望いたします。
 II.放射線治療品質管理士講習会
 放射線治療品質管理士の認定は、後述の申請資格を有する者に対して講習会を行い、所定の講習を修了した者に対して行います。また、放射線治療品質管理士は3年後に更新が必要です。詳しくは、資格更新の手続きについて(令和元(2019)年度)をご参照ください。
講習会は、2020年1月12日(日)に東京、2月2日(日)に兵庫にて、2会場に分け開催いたします。放射線治療品質管理士の認定を希望する方(新規講習者)は、第1部(午前)、第2部(午後)とも受講し、最後に試験を受験する必要があります。
すでに放射線治療品質管理士の認定証を取得済みの方(更新講習者)は、第2部のみを受講してください。( →更新講習会の方はこちら
 III.申請資格
 放射線治療品質管理士の認定を申請するには以下の条件1と2を満たしていることが必要です。
1. 放射線治療の実務経験2年以上 且つ 治療品質管理*に1年以上従事した者
2. 下記のいずれかの資格を持つ者
(1) 日本医学物理士認定機構の「医学物理士」
(2) 日本放射線治療専門放射線技師認定機構の「放射線治療専門放射線技師」

*治療品質管理とは、「放射線治療品質管理士制度」に記載されている以下の業務をいいます。
・ 放射線治療装置のQAプログラムの立案と実行
・ 放射線治療計画装置のQAプログラムの立案と実行
・ 治療計画システムに入力するデータ作成と指示と、すべてのコンピュータ線量測定計画のチェック
・ 実行するべきテスト、許容度とテスト頻度を含む治療計画の施設QAプログラムの決定
・ QAプログラムにより判明する矛盾や問題を理解して適切に対応する。
・ 治療装置・治療計画装置のQAプログラムの様々な側面で他の放射線治療品質管理に携わる者と協力
・ 機器導入に当たって放射線治療装置、計画装置の品質管理面からのプログラムの策定
・ 機器故障後の修理終了後の品質管理の立案と実行
など
 IV.申請方法
 放射線治療品質管理士の認定を受けることを希望する方は、別記の書類を下記の事務局宛に簡易書留郵便にてご送付ください。
なお、定員は東京会場400名、兵庫会場350名の予定です。お申込は入金完了および書類到着の先着順に受け付け、定員を超える場合にはお申込をお断りすることがあります。

書類受付期間:2019年10月1日(火)〜2019年11月8日(金)当日消印有効

上記の申請資格を満たされているかどうか、申請書類をもとに審査いたします。審査結果は12月3日(月)以降に受講票の発送をもって代えさせていただきます。

(事務局)
〒106-0031 東京都港区西麻布3丁目1番17号 NISSHIN BLDG 3F
ブルーリッジ株式会社内 放射線治療品質管理機構事務局
電話:03-6455-4338 FAX:03-6455-4339

(講習日時・会場)
第28回:2020年1月12日(日) 東京会場
    <首都大学東京 荒川キャンパス 講堂>
     住所:〒116-8551 東京都荒川区東尾久7-2-10
     アクセス:日暮里・舎人ライナー「熊野前」駅下車徒歩3分
            都電荒川線「熊野前」駅下車徒歩3分
            田端駅から都営バス端 44 系統「北千住駅行」に乗車
            「首都大荒川キャンパス前」下車徒歩 0 分
            http://www.tmu.ac.jp/university/campus_guide/access.html

※東京会場受講の方へ

会場周辺は飲食店や販売店の数が限られております。当日は大変混み合うことが予想されますので、昼食はご持参下さいますよう、ご協力をお願い致します。

第29回:2020年2月2日(日) 兵庫会場
    <兵庫医科大学 平成記念会館>
     住所:〒663-8501兵庫県西宮市武庫川町1-1
     アクセス:阪神電鉄・武庫川駅下車、西出口より徒歩5分
            *平成記念会館は兵庫医科大学西宮キャンパスから阪神電鉄の線路を越えた北側になります。
            http://www.hyo-med.ac.jp/guide/access/access_guide/access_guide_nishinomiya.html

(申請書類) ※申請書類は、申請期間開始以降のダウンロードをお願い致します(ダウンロードされた時期により、前年のデータが残っている可能性がございます)。
1. 放射線治療品質管理士申請書・講習会申込書 東京
申請書
兵庫
申請書
2. 略歴・個人票
申請書
記載例1 ・記載例2
3. 治療品質管理に1年以上従事したことを証明する書類(施設長の証明が必要)
申請書
4. 治療関連の業務に2年以上従事したことを証明する書類(施設長の証明が必要)
申請書
5. 以下の(1),(2),(3)のうち所有するもの  
(1) 診療放射線技師など医療従事者にあっては、資格を証明する免許証のコピー
(2) 日本医学物理士認定機構の「医学物理士」の認定書のコピー
(3) 日本放射線治療専門放射線技師認定機構の「放射線治療専門放射線技師」の認定書のコピー
6. 申請手数料および講習会受講料の振込みを証明するもの(ご利用明細、払込票などのコピー、キャプチャー画面等)  
7. 返信ハガキ1枚 ※受講票となります(63円切手を貼付し、宛名を記入したもの)  

1 - 4に必要な書式は、ホームページよりダウンロードできます。また、申請手数料と講習会受講料は以下の通りです。

(必要な費用)
申請手数料  10,000円(消費税込み)
講習会受講料 10,000円(消費税込み)

上記の合計20,000円を11月8日(金)までに以下の口座にお振込みください。なお、資格申請資格があるか審査の結果、申請資格を満たさない場合は、講習会受講料のみご返金いたします。申請手数料は返金いたしません

(品質管理講習会 やむを得ない事由による欠席時の対応について)
講習会費用振込後下記の事由等により、やむを得ず講習会を欠席される場合は、返金または講習会会場の振替等に対応できる可能性がありますので、事務局までご相談ください。
*但し、事前にご欠席の連絡を頂いた方、および、下記事由の証明書(理由書)をご提出いただける方に限ります。

1. インフルエンザ等の感染症への罹患
2. 自然災害等による被害または公共交通機関の運行停止
3. その他(けがや病気による入院,忌引き等)

(振込口座)
1)ゆうちょ銀行に振替口座、または総合口座をお持ちの方
 郵便振替口座:放射線治療品質管理機構
 口座番号:00120-5-421215

2)他金融機関の口座をお持ちの方
 口座名:放射線治療品質管理機構 代表者 茂松直之
 口座番号:ゆうちょ銀行 〇一九支店(ゼロイチキュウ)
 銀行名:当座預金 0421215
※ご所属先からお振込みのする場合には、メールで認定番号、管理士氏名、お振込み名義、お振込み予定日をお知らせください。

* お振込みの際は、ご氏名をご入力いただきますようお願いいたします。
* 領収書は、講習会当日にお渡しします。

(特記事項)
1. 講習会の前半は別記のプログラムに示すように、「放射線治療における医療事故防止のための安全管理体制の確立に向けての提言」 を理解することを目的に行います。受講者は、提言を各自プリントアウトして、当日までに内容についての予習を行ってください。また、教材として使用しますので、プリントアウトしたものを当日ご持参ください。
令和元(2019)年度放射線治療品質管理士講習会プログラム
放射線治療品質管理士の認定を希望する方(新規講習者)は、第1部(午前)、第2部(午後)とも受講し、最後に試験を受験する必要があります。すでに放射線治療品質管理士の認定証を取得済みの方(更新講習者)は、第2部(午後)のみを受講してください。更新者は午前のぶの参加義務はありません。
第28回:2020年1月12日(日) 東京 (首都大学東京 荒川キャンパス 講堂)
第29回:2020年2月2日(日) 兵庫 (兵庫医科大学 平成記念会館)
一部
9:25-9:30 開会挨拶
9:35-10:00 はじめに
10:00-10:30 放射線治療品質管理の現状
10:30-11:40 品質管理の実施例 はじめに
品質管理の実施例 放射線治療品質管理の実施例(大規模)
品質管理の実施例 放射線治療品質管理の実施例(中規模)
11:40-12:10 レポート課題の説明 施設MU校正の状況を報告する、
昨年度レポート課題の評価
二部
13:10-13:50 チーム医療の構築
13:50-14:30 放射線治療の品質マネジメントTG-100
14:50-15:25 放射線治療用線量計に用いられる電位計のガイドライン
15:25-16:00 ユーザによる電位計の校正